受付時間:10:00~18:00(平日)

サービス

クラウドシステム開発・HR Tech

TREE(クラウドシステム開発事業)

TREE0002

「TREEはThe Real Engagement for Employee / 社員の真の絆を強める奇跡のツール」
「人が足りない」と嘆く中小企業経営者の声を多く耳にします。人が足りない理由は、事業に対する需要が逼迫しているからではありません。貴社が人に対する教育や投資を怠り、更に言うと、社員に対し、明確なビジョンを示せず、愛情を注いで来なかったことが原因だと言えます。ここ数年における人不足感は、景気が良いからではなく、社会構造の変化、働く人々の意識の変化に対する、経営者の鈍感さ所以であることを肝に銘じなければなりません。
今、正に経営者に必要なことは、自身の意識の転換であり、会社の在り方そのものの変革にあります。今こそ、一人ひとりの社員を見つめ、彼ら・彼女らがどのような気持ちで仕事に従事しているか、真摯に耳を傾け、全身全霊で、その気持ちに思いを馳せなければ、何を行っても人不足感は消えて無くなることはないでしょう。
 「あなたのPDCAは幸せですか?
 『TREE』は、あらゆる組織やチームにおいて、そこに所属する人たちの「ワークライフ・インテグレーション(仕事と人生の完全なる融合化)」のお手伝いをするクラウドツールです。『TREE』を活用する企業やそこで働く人たちに幸せになってほしい。そのような想いで『TREE』は開発されました。
私たちは、あなたやあなたの大切な社員が、幸せになるために必要な仕事や人生の目標を、最適に実行化していくためのお手伝いを致します。このような時代だからこそ、一人ひとりに適したワクワクするMBO(※1)が必要です。
 「人生にワクワクなMBOを。
日本経済を支える中小企業は約420万社。そこに働く人たちは約4000万人を数えます。そうした中小企業で働く人々の職場において、個々人の心が満たされ、幸せを実感することができれば、企業が持続的に成長し、社会が安定し、世界の問題解決や平和に貢献できるのではないかと。そのことについて、私たちはKANGLOは、一つの方法論を世に提唱しています。
※1:MBO=Management by objectives and self-control(目標による自律管理)とは、組織のマネジメント手法の1つで、個々の担当者に自らの業務目標を設定、申告させ、その進捗や実行を各人が自ら主体的に管理する手法。1950年代に米国のピーター・ドラッカーが提唱したとされる。本人の自主性に任せることで、主体性が発揮されて結果として大きな成果が得られるという人間観/組織観に基づくもの。(Wikipediaより)
※2:「TREE Ver1.8」を2017年9月29日にリリースしました。
※当システムは、中小企業庁ものづくり革新補助プログラムにより認定を受け活動を行っています。
■TREE 公式ページ: http://kanglo-tree.com/
TREE001
■IT導入支援事業者:カングロ株式会社 https://www.kanglo.co.jp
■TREE/OKRセミナー開催中:
Google、facebook、LinkedIn、Sansan、メルカリ社など、成長企業が採用するOKRを検証する/日本の企業における間違いだらけの目標管理、誰も幸せにならない会社はもういらない
シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法と言われる「OKR」と、社員の成長、目標達成力、チームの結束力、ワクワクな人生を向上させる全く新しいMBOコンセプトのクラウドシステム『TREE』との相性を考察し、その利用方法について紹介する
※OKR=「Objective and Key Result(目標と主な成果)」チームや個人の目標を明確化する仕組みのこと

『TREE がんばる中小企業(G-SME)版』 【KANGLO TV(カングロ・テレビ)】 from KANGLO CORPORATION on Vimeo.

 

カングロ株式会社

TREE事業部
info@kanglo.co.jp